GeneXusジェネクサスとは

GeneXusジェネクサスとは

「業務仕様」から様々な実装環境に合わせた「実現方法」を推論し、システムを完全に自動生成する世界で唯一の技術です。
GeneXusは世界30か国、約6000社で幅広く使用されており信頼と実績のあるツールです。
公の機関や数々の企業がこのGeneXusを使用し、基幹システム・人事システム・顧客管理システム・財務分析システム、成績管理システムなどを開発しています。

業務仕様、推論、自動生成

国内事例
情報関連システム販売会社 資材販売管理システム
総合人材サービス会社 保険情報管理システム
食品会社 基幹業務管理システム
旅行会社 基幹業務管理システム
海外事例
通信会社 (ベネズエラ) 顧客サービス・料金徴収システム
生鮮食品会社 (アメリカ) 生鮮食品の流通システム
医薬品会社 (ブラジル) 医薬品販売・顧客管理システム
国家システム (ウルグアイ) 家畜流通システム

GeneXus開発と従来開発の違い

GeneXusの開発では業務要件の記述のみを行うだけで済み、テストに関しても、実現方法の記述のテストは不要です。
これに加え、GeneXusは自動的に業務データベースとプログラムを設計するので 従来のウォーターフォール型の開発よりも、開発の生産性が飛躍的に向上します。

従来のウォーターフォール型
従来のウォーターフォール型
GeneXus開発
GeneXus開発<

GeneXusジェネクサスの4つの大きな特徴

完全生成
GeneXusは、ソースプログラムのみではなく、実行モジュールの生成まで行う完全生成ツールです。
詳 細
資源の一元管理
GeneXusではナレッジベース内に、システムに関連する資源を統合管理します。
詳 細
自動補正
GeneXusが自動的に補正するので、システム運用開始後の変更要求にも迅速に対応できます。
詳 細
資産継承可能
GeneXusを使用してメンテナンスを行うことにより、親和性が保たれています。
詳 細